ぼうけんのきろく

9月21日から10月2日まで福岡県福岡市東区にある九州大学へ勉強してきました。忙しい中多くの方々が私のために時間を割いてくださいました。

そんな中、連休を挟んでいたので「ちょっとどこか行ってみよう」と思い立ち、門司へ日帰りで行ってまいりました。

そんな私の旅の記憶を無理やり引き出しました。

  9がつ23にち   もじこうへいこう!                               

 7:00    起床、身支度。冷蔵庫の音がうるさくてあまり睡眠がとれていなかったのでかなりダラダラしていた。眠いよ〜…、やばっ!二度寝した!!
 8:20    出発。とにかく小倉まで行かないとね。事前に調べた行き方はいろいろあったけど安くて便利なのが高速バスを使う方法。宿は渡辺通り2丁目だったから天神バスセンターまでちょっとだけ歩く。バスは結構頻繁に出ていて10〜20分おきくらい。しかも天神から小倉まで1000円でいける!新幹線は速くいけるだろうけどJR博多駅まで出ないといけないし高いし。バスは1時間30分くらいで着くみたい。新幹線使わないでJRで行っても乗換えやらなにやらで時間かかるし、何より1000円ではいけない。っつー訳で、高速バスで行くのが一番よさそう。

天神バスセンターからは小倉をはじめ、九州各地や本州にもバスが出ていて、安い。長崎とか鹿児島とかにも行きたくなった。でも日帰りじゃ何もできないからねぇ。

 8:40    8:40発なかたに号に乗って出発。思ったよりたくさんの人が乗っていた。経由が違うバスもあってスペースセンターの方を通るバスは混むだろうと思った。無論そのバスは避けたけど、それでもある程度席は埋まっちゃってた。しかし、観光バス仕様だから『観光』気分満点だ〜

今日はかなりいい天気。台風一過だからね。博多埠頭の辺りがキラキラ反射してきれいと思ったけどよく見ると海はあまりきれいじゃない・・・。仕方ないか。でも、港の倉庫とか山とか窓の外を眺めてるのはなかなか楽しかった。暫し景色を楽しんだあとは、かなりうとうと…、意識がとぶ。いつの間にか小倉にいました。

10:30    JR小倉駅は新しくて近代的。でも、殺伐としているわけではなくてイイ感じ〜。でもウロウロしている場合ではない。鹿児島本線の乗り場を探す。

門司港行きは、…行ったばかりだ。仕方なくホームで次の列車を待つ。キオスクには九州限定のお菓子がたくさん!かなり誘惑されたけどここで買ったらこの後どうしようもないからガマン、ガマン。でも九州を出る前に必ず欲しい物がある。それは九州限定のカール。私は密かに地域限定カールについているポストカードを集めているのだ〜!ちなみにみちのく限定、東京限定、名古屋限定は入手済み。

と、考えている間に列車到着。さくっと乗り込む。・・・なんか、ううん。どういったらいいのじゃ。赤と黒のボディの車体の何となく派手な・・・。でももっとスゴイのが座席。赤と黒の・・・こ、これは、アニマルプリント・・・?細かい柄は微妙にヒョウ柄。でも赤と黒。わははは、スゴイ。

15分くらいで門司港駅に到着。

 11:00   おお、なんかローカルだあっ\(◎o◎)/!卒業旅行で行った志摩を思い出す。駅舎がステキ♪駅前の広場ではたまたまフリーマーケットをやってた。日曜日だからかな。とりあえず海に向かって歩きだす。

おおっ、港だ〜!こじんまりしたうるさ過ぎず、静か過ぎず、観光地としてはなかなかです。暫らく進むと橋が見えてきました。あれが『ブルーウイングもじ』、世界で唯一の人間専用はね橋だとか。って、もう上がってるじゃん。・・・渡れない。仕方なく遠回り。しかもスゴイ遠回りしないといけない。12:00に出航のヴォイジャーに乗るためにチケットを買わねば。15分くらいかけて対岸(?)に着くと5分くらいで橋は渡れるようになっていた。待っていても大差はなかったらしい。<(゚◇゚)>ガーン

チケットを手に入れた私は周りのお店をウロウロ。門司港はバナナの叩き売り発祥の地。せっかくだからバナナソフトクリームを買って食べた。うま〜い♪割と甘さ控えめだった。ふぐの唐揚げも食べたかったけど量が多かったので諦める。

 11:45    ヴォイジャーの列に並ぶ。どうやら今日は満席らしい。人がいっぱいいたので急いで並ぶ。列の真中より少し前の方だったかな。これが後々悲劇を生んだ。
12:00    11:50、ヴォイジャーに乗り込む。・・・結構揺れる。停泊している状態でもわしわし揺れていた。座席は1Fと2Fがあって1Fは比較的揺れが少ないとガイドのおねーさんは言っていたが、どっちに転んでも揺れるだろ。迷わず2Fへ。円形のラウンジのふちにソファーがくっついてる、といった内装。でもソファーはもういっぱいだったので並べられた椅子に座る。満席なので詰めないと座れないと言っていたので奥まで行く。

窓の外は海♪・・・でもどんどん人が入ってくる。ん?外に席?後から来た人がどんどん外に出て行く。いつの間にか私の前にも人がずらっと座っている。・・・外、見えないじゃん!隣に座った若い親子連れがかなり嫌味を言っていて気分わるっ!!「なに、このばばぁ」とか子供の前で言ってる。でもヴォイジャーへの不満は私も一緒だったけどさ。せめて段差をつけてくれっ〜。席によっては目の前が壁という席もあったし、「少しは考えろよっ!」とココロの中で思う。も〜、やる気なしっ。写真撮ってもおばさんの頭ばかりだ。その上、外のおばさんたちはベストポジションで写真撮るのに立ち上がるから前が見えない。もっとあとに乗り込んでいればこんなことにはならなかったのに。後悔した〜。これなら1Fのラウンジの方がなんぼかまし。何はともあれ出航。

そんな中、目の前(といってもガラス越し)にちっちゃい子供が♪私のことを見ているのでつい写真撮っちゃった。へへへ。

ヴォイジャーは変な形をした遊覧船(?)、関門海峡を50分かけて周遊する。外は水飛沫がかかって楽しそう。私は進行方向と逆向きに座っていたようで、おねーさんのガイドは全て反対方向で考えなくてはいけなかった。『左手に○○が見えております』かなり時間を置いて右に見えてくるけど、どんな説明か忘れちゃうさ。そんなわけでガイドはほとんど忘れちゃいました〜。関門橋の下・・・。満珠、干珠島がどっちだ・・・。壇ノ浦が・・・。流れが速い・・・。水族館ができて・・・。高いタワーが・・・。巌流島が開発の渦に・・・。それで最後に門司港レトロのVTRを流していた。外のちっちゃい子、その頃にはすやすやとねちゃってた(笑)。ま、とにかくヴォイジャーの感想は「1000円は高い」。もう少し何とかしたほうがいいよ。

13:00    不満いっぱいのヴォイジャーを降り街中を散策。レトロが売り物なのに展望タワーは妙に近未来な感じ。しかも展望台の下はふつーの高層マンション。のぼらなかったけどさ。

旧税関では竹久夢二展をやっていたけど・・・はずれかな。入場料(300円)の割に。特別企画「夢二」VS「アラーキー」写真展などというものをやっていた。でも、ねえ。税関の展示は面白かったけどね。偽シャネルとか、覚せい剤とか、拳銃とか、どうやって運ぶかわかるよ。密猟・密輸について非常に簡潔に説明されてる。

観光物産館でお土産を見繕い、その後公園を横切りながら海峡プラザへ。露店が賑わっていたよ。お腹すいたけど混んでたからひたすら耐えて通り過ぎたさ。本当はオルゴールミュージアムガラス美術館に行きたかったけど行きそびれた。ああ、損した・・・。もし、また門司港に行くことがあったら絶対行ってやる!

広場っぽいところで大道芸をやっていた。キリスト教関係のボランティアらしい。募金を集めていたので多少だけど置いてきました。ハート型の風船を配っていて渡されそうになったけれど、これから持って歩いてたら恥ずかしいから遠慮した・・・。

14:15    いよいよ最大の目的地である旧門司三井倶楽部へ。ここはアインシュタイン博士夫婦が宿泊したという部屋が公開されているので〜す。大正10年に三井物産の迎賓館として建てられたのだそうよ。アールデコ調の模様がステキです〜♪何となく高校の建物に似ている。写真OKだったのでぱしぱし撮って参りましたよ。

ここのおねいさんは物静かな感じで激ラヴです!しかもかなり気が利いているんです。お土産の入ったビニール袋、見るなり「お荷物はお預かりしますよ(^-^)」。ああ、ラヴです。ステキです。・・・話が違う方へ?元に戻して、アインシュタイン夫妻の滞在したメモリアルルームはゴージャスでした。煌びやか過ぎず気品のあるゴージャス。当時の新聞記事などが展示されていて物思いに耽っていました。

静かでいいところだ〜」と思っていたその直後、静寂を破るドタバタという足音。普通に歩いていても古いから軋む音がする場所がある、けど、違う。小学生くらいの3人兄弟が、走ってる!もう、むかついて・・・。しかも、親付き、若い親がね。母親が一応は注意してたけど全く効果なし。父親は全く無視。もうちょっとで「もう少し静かにしてもらえませんか」くらいの声をかけてしまいそうだったけど、一行が通り過ぎてしまうのを待って展示物をゆっくり観ることにした。

メモリアルルームの他に作家林芙美子資料室が併設されていた。肉筆原稿やら絵画やら手紙やら、それから書斎の再現。結構見応えあり。ヴォイジャーの10分の1の料金でこんなに楽しめるとは。あの親子連れさえいなければパーフェクトだったのにな。

15:20    旧門司三井倶楽部を堪能した私は駅へ向かった。実は門司港駅は大正3年に建てられた九州最古の駅。ネオ・ルネッサンス様式を基調にした木造モルタル2階建て。重要文化財です。駅を観てまわるだけでもたのしーのです。なんか、トイレとか懐かしい感じ(笑)。保育園を思い出す。
15:30   帰りは行きと反対のルート。本当は門司港の夜景というのがなかなからしいけど、暗くなると十中八九帰れない。完全に迷子になる自信ある・・・(嘲笑)。特に天神周辺。どっちがどっちだかわからなくなってしまう(体験済み)。そんなわけで明るいうちに帰ることにした。残念。しかも、高速バスが往復乗車券1800円だということを知った。200円損した。なんか、さみしー。

小倉駅前のそごうがつぶれていてほんわかさみしー。

17:50   途中で晩ご飯の買い物をして帰った。あと、ミニストップでハロハロの巨峰味買っちゃった。ごめんね、しょうちゃん。しかし、旅先で食べたのバナナソフトだけだったな・・・。ふぐ、食べたかったけどね。まだそういう身分ではないからもう少し我慢。さて、明日は日用品を買いに出かけなくてはね・・・。今日は疲れた〜、けど、楽しかった〜!

 


女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス